1. ホーム
  2. 中尊寺の紹介
  3. 中尊寺の歴史
  4. 鎌倉・室町時代の中尊寺

中尊寺の歴史

平安時代の中尊寺

中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山の高僧慈覚大師円仁によって開山されたといわれています。慈覚大師は天台宗第三代座主で、世界三大旅行記のひとつ『入唐求法巡礼行記』の著者としても知られています。大師の開山は「勧請開山」といって、師の法を汲む人々がその徳を偲んで開山として仰いだものです。11世紀後半、前九年・後三年の合戦を経て、安倍氏・清原氏と受け継がれた奥六郡(岩手県中南部)を藤原清衡公が伝領し奥州藤原氏が興ります。清衡公は江刺郡豊田館から衣川を南に越えて平泉に居を移し、長治2年(1105)、かつて関所(衣関)のあった要衝の地、関山に中尊寺を造営します。はじめに白河関(福島県)から外浜(青森県)にいたるまで一町ごとに笠卒都婆と呼ばれる供養塔を建て、その中心にある関山に一基の塔を建てたといわれます。その後多くの伽藍が造立され、その規模は寺塔40余宇、禅坊300余宇に及びました。

そのなかで現存する唯一の創建遺構である金色堂は三間四面の小堂ながら平安時代の漆工芸、金属工芸、仏教彫刻の粋を凝縮したものであり、また奥州藤原氏の葬堂として日本史上に独特の位置を占めてきました。また経蔵には藤原氏三代によって発願され書写された金銀字交書一切経、金字一切経、金字法華経が納められました。金字一切経は都でも皇族や上級貴族しか行うことのできなかった写経事業で、金銀字一切経にいたっては慈覚大師の『入唐求法巡礼行記』に中国五台山に存在したと記されているのみで、国内では唯一のものです。

その後、平泉は二代基衡が毛越寺、三代秀衡が無量光院を造立して仏教文化が花開きます。当時、東大寺大仏殿再建の勧進に平泉を訪れた西行は、中尊寺の東方に優美に横たわる束稲山を眺め、「聞きもせずたばしね山の桜ばな 吉野の外にかかるべしとは」(聞いたことすらない束稲山の桜花よ 名に知れた奈良吉野の千本桜の外にこれほどの桜の名所があったとは)と詠みました。また、平泉に北接する衣河館には三代秀衡公の猛盛をたのんで源義経が寄寓し、来るべき動乱の幕開けを予感させていました。

中尊寺の紹介TOPに戻る